引越しが決まったら・・・捨てる

通常引越しが決まるのは数週間前から数ヶ月前でしょう。これは断捨離とはいかないまでも、箪笥の肥やしをスリムにするいい機会です。「一人暮らしだから1週間もあれば荷物はまとめられるだろう」と思ったらちょっと甘いかもしれません。しかも捨てるものは片付けるごとに必ず少なからず出てきますが、分別ごみ収集日は決まっています。捨てられるものは順次どんどん捨てていきましょう。捨てようかすぐに決められないものは、絶対持っていくものと区別していくのも効率が上がります。

必要な道具を揃えてよりスムーズにスリムに

とにかくダンボールがたくさん必要です。もらえそうなお店があれば聞いてみるといいでしょう。引越し業者からもらうつもりであれば引越しの見積もりを取ることが必要です。この場合具体的な引越し荷物の量を提示する必要があることが多いです。つまりまずは片付けを進めることが最優先です。ダンボール以外にガムテープや中身を書くマジック、そして緩衝材なども必要ですね。大切なものは「壊れ物」と書くよりも壊れないよう梱包して守りましょう。意外と役に立つのがマスキングテープです。ホームセンターなどで買える無地の「貼り捨て」用のものが心おきなく使えます。家具の引き出しが運搬中に飛び出さないように上から下まで貼ったり、塗装を保護する意味で家具のエッジに沿って貼ったりして使います。また切りやすいため、食器や置物などを包んだ紙やエアーバックを簡単に止めたり、ばらばらのものを束ねたりと用途はかなりあります。

不用品の回収は、各都道府県の認可を得ていて見積もり結果を提示してもらえる業者に依頼するのが良いでしょう。