会社で正社員を一人雇う

小さな会社、または中規模の会社でそろそろ自分の会社にも運転手を役員用につけたいと考えている場合は、正社員を一人雇うケースと、派遣というケースがあります。正社員として一人雇うことになれば、人件費がずっとかかることになります。しかも、正社員として雇うわけですから、福利厚生の面でも面倒を見ていくことになります。さらには、正社員として入社したからといって、すぐに運転手業務がきちんとできるわけではなく、一から誰か上司が指導していくことになります。運転技術をマスターさせることに加えて、役員のための運転手ですから、役員に対してきちんとした対応ができないといけません。これらをきっちりと指導していく人も必要となります。

派遣として運転手をお願いする

一人運転手として人を雇うのも良いかもしれませんが、即戦力として運転手を雇いたい、できるだけ人件費をかけたくないという場合にとても魅力的なのが運転手の派遣依頼です。運転手を派遣してくれる専門の業者があり、こちらの業者に依頼すれば、即戦力となる運転手を手配してくれます。運転手として派遣依頼すれば、会社に来たその日から役員の運転手として粗相のない対応をしてくれます。もちろん、運転の技術は伴っていますし、役員に対してもきちんとした挨拶からはじまり、役員からも褒められるような対応をしてくれるでしょう。そして、何といっても人件費を安くあげることができます。これならば、対外的にも素晴らしい運転手とみられるでしょうから、使い勝手が良いです。

意外と知られていないのが運転手の派遣のお仕事です。もしドライバーの仕事を探していてなかなか見つけられないのなら、派遣で探すという選択肢もあります。