時間に追われて準備不足は失敗の元

展示会は、自身の存在や会社の商品を広く知らしめるために非常に重要なものです。せっかくの機会なので成功させなければならないですが、当日までに行うべきことは様々存在しており、時間に追われてこれらをおろそかにしてしまうと失敗してしまいます。展示会の開催は容易なことではないので、成功させるために確認すべきことを知っておくと便利です。

ケーブル・コード・ガムテープ

ケーブルやコードといったものは、展示会を行うために必要不可欠なものです。肝となることもあるので、忘れることはほぼありませんが、予備を準備しておくことをおすすめします。展示会当日というものは様々なトラブルに見舞われることもあり、ケーブルやコードが切断してしまうこともあります。このような際にも対応できるように、予備のケーブルやコードを準備して、設営できるようにガムテープを用意しておくと便利です。

椅子と机と布は自分で準備

椅子や机といったものは、参加者を招くために重要なものですが、これらをレンタルするとひとつひとつは安価でも数が多いので非常に高くつきます。予算を抑えるために自社で準備することもひとつの手です。また、白い布を用意しておくと、多少の汚れなどもカバーすることができます。

チェーン・ワイヤー・S字フック

パネルなどの展示の際にはワイヤーやチェーンを用意すると便利です。ワイヤーやチェーンも予備を準備しておくと、急なトラブルにも対応することができるほか、展示物が増えても対応することができます。

記名帳とパンフレット

展示会は様々なチャンスですが、対応しきれないということもあります。対応しきれないことによってチャンスを逃さないように、記名帳とパンフレットを用意しておくといいです。パンフレットを配布して少しでも興味を持ってもらいます。

展示会の施工についてはいくつかの手順を踏む必要があります。展示会のコンセプトを決め、制作物を完成させ、搬入・搬出の手配をします。