デスクトップパソコンはユーザー自身の手で制作可能

電子機器と言えば、家電量販店で購入する物というイメージがあるかもしれません。しかし一部の電子機器はユーザー側で自作が可能です。例えば、デスクトップパソコンは自作の難易度が、実は低い製品です。実際に多くのネットユーザーがそれに挑戦しています。市民生活にネットという文化が定着した頃より、デスクトップパソコンを一から制作する人々がいました。

秋葉原の電気街には自作PC作りに役立つパソコンショップがあります。普通のホームセンター等には自作PC用の部品は販売されていませんので要注意です。秋葉原などの電気街に行けば、ゼロから自作に必要な部品をすべて購入可能で、詳しいショップ店員の方々にアドバイスをしてもらう事も可能です。

自作PCのメリットについて

自作PC制作をするメリットですが、自分の目的と用途、そして費用に合致したマシンを手に入れられる点です。いわゆる既製品のデスクトップパソコンは、予めスペックが決まっています。メーカーの工場から出荷された時点で、CPUやメモリやグラフィックボートの有無などが決定されており、カスタマイズは出来ません。自作PCなら文字通りメモリのメーカーやパフォーマンス、品質などを細かくカスタマイズできます。高性能なグラフィックボードや大容量のSSDを搭載するのも自由自在です。また徹底的にコストパフォーマンスを追求する事も出来ます。安価な中古部品をメインに利用すれば、市販品と比較して半額近いコストで新しいデスクトップパソコンが完成します。

小ロットで基板が欲しいときはプリント基板設計に委託することです。細かい仕様にこたえてくれますし、技術アドバイスもしてくれます。